FC2ブログ

嘉陽ビーチ近くの貸別荘

          別荘大浦湾
20140401114807.jpg
ご予約フォームこちら
お問合せフォームこちら
E-mail: besoourawan@gmail.com
所在地:沖縄県名護市嘉陽81番地

別荘大浦湾について

海洋博公園・エメラルドビーチ入口まで徒歩3分♪

全4棟7月1日新築OPEN♪ 予約受付中!OPEN特典あり!
             ザ・ヴィラス待遠屋
IMG_0281_convert_150.jpg
■E-mail: besoourawan@gmail.com
■国頭郡本部町894-1(ホテルゆがふいんBISE隣接)
ザ・ヴィラス待遠屋の詳細はこちら

美ら海水族館近くの貸別荘

           別荘美らもとぶ 2014111901.jpgE-mail: besoourawan@gmail.com
■所在地:本部町石川7-3
別荘美らもとぶの詳細はこちら

新着記事

FC2カウンター

お勧めリンク集

沖縄県潮汐カレンダー

QRコード

QR

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

名護市嘉陽 五輪開催に聖火宿泊の地も祝福

2020年のオリンピックの開催地が東京に決定しました!
2013091201.jpg

2020年東京オリンピックの開催が決まった9月8日、名護市嘉陽聖火宿泊記念碑前では、開催決定を祝福しセレモニーが行われました。
2013091102.jpg

1964年の東京オリンピックで国内での聖火リレーがスタートしたのは沖縄。聖火は、オリンピアで採火されトルコやレバノンなど11の中継地を経て沖縄にやってきました。その時、聖火が宿泊したのが名護市嘉陽区でした。

1964年9月8日、聖火宿泊碑の前での式典
2013091103.jpg

8日行われたセレモニーには、当時、第1走者で聖火リレーを走ったランナーや名護市体育協会の関係者が集まり大雨の中喜びを分かち合いました。

当時の聖火ランナー、宮里操さんは「出来たらお金出してでも走ろうかなって思っています。79歳になるんですけどあと7年では。僕らの願いはですよねぜひ嘉陽に一泊して昔のことを思いだしたいですね。」と話しました。

また、8日は聖火宿泊を記念して毎年行われている駅伝大会と20㎞ロードレース大会も行われ参加者にとっては二重の喜びとなりました。

20㎞を完走した稲嶺名護市長も式典に参加し「再び聖火が名護で宿泊して欲しい」と7年後のオリンピックに期待を寄せていました。

2013091202.jpg
動画はこちらから

                                                        2013年9月8日付 琉球朝日放送より


<< 道端に咲き誇る花 | ホーム | シュノーケリング >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム